生で食べられる『 朝採りフルーツとうもろこし 』ご予約受付中!


これはホームセンターで売っているごく普通のスコップです。
(800円くらいの安いやつ)
367.jpg
(地域や人によってスコップとシャベルの定義が違うようですが
高橋家はこれをスコップといっています)

ほとんどの人はこのままの状態で使用すると想います。
しかーし!
私たちは農業を志すもの、時には硬い土や引きぬくことができない
雑木の根っこを除去(抜根)しなければなりません。

そこで今回は研修先の里親さん(切れ味マニア)
に教えてもらった技をご紹介します!

【使用するもの】グラインダー(ダイヤモンド砥石を使用)
368.jpg
(写真のスコップは研磨前です、先端の未処理部分に注目)

これをスコップの地面側をメインに削り出します
369.jpg
土が乗る方(表面)は初回のみ軽く削って下さい。

両サイドをバランスよく研磨して出来上がり!
370.jpg

石以外の小さめの木の根っこや群生したススキの株元等が
びっくりするほど切れるようになります!
家庭菜園などで活躍するので試してみて下さい。
(切れ味が落ちたら再度研ぎましょう)

ただし研磨したスコップは刃物のような切れ味なので
取り扱いには十分注意してくださいね。

生で食べられる『 朝採りフルーツとうもろこし 』ご予約受付中!


“スコップ研ぎ、もはや刃物の切れ味!(農業的ライフハック)” への 2 件のフィードバック

  1. nikotoma より:

    農具ってやっぱり凶器っぽいですよね?(*^^*)v
    うちは越後屋さんがクワの先を磨いでくれます。
    スコップ磨ぐのは始めてみました!
    それと…それは、関西でもスコップです。
    シャベルはいわゆる移植ごてのようなもの…
    始めの頃はよく「シャベル取って…」と言われ、足下にあるにも関わらず
    「家にあるけど…取りに帰る?」などと言ったとんちんかんな会話を楽しんだものです。

  2. たはたタカハシ より:

    nikotoma 様
    里親さんがかなりの切れ味マニアでスコップはおろか
    三角ホー、除草のホーも研いでいます(しかも数日間隔で)
    もし除草に使うホーを研いだことなければ是非お試し下さい☆
    (こちらもすごーい便利です)
    ちなみに私の自家では小さいほうがスコップ、大きいのがシャベルでしたが
    長野では大きいほうがスコップでした。。。これ紛らわしいですよね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA