本場中国の味を堪能

_
私達の師匠は飯田市が行っているワーキングホリデー受け入れ農家でもあります。
この秋は二組のご夫婦と、先週からは中国から留学中の学生さんが訪れています。
昨晩は師匠宅で本場中国の餃子パーティー。
我が家も参加し、学生さんの指導のもと作りました。

CIMG2722
皮も手作り。

CIMG2721
流石!物凄く手さばきがよい。
餃子作りはお婆さんに教わるそうです。

CIMG2718
みんなでワイワイ包みます。

CIMG2723
一目瞭然ですが、左が夫、右が学生さん。
ぽってり感が食欲をそそります。

CIMG2726
はい、出来上がり。
水餃子でいただきました。日本は焼き餃子が主流ですが、本場は水餃子で食することが多いそう。
確かに油っぽくなく、ツルツルとした口当たりでどんどん食べてしまいます。
中国では旅に出る時に餃子を食べ、旅から戻ってきたら麺類を食べるそうです。

こうやって異国文化に触れられるのもワーキングホリデー受け入れの魅力ですね。
もちろん我が家もワーキングホリデー受け入れ農家になる予定でいます。

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


  1. こちらこそ楽しかったです、南信州にくる時があったら是非我が家にも遊びに来てくださいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA