就農本にもいろいろあるが最初の一冊に適したのはコレ!

_
2011年6月25日の出来事 ◇ 活動開始から1ヶ月と9日目 ◇
(2012年1月2日執筆)

前回の”新・農業人フェア(池袋)”から2週間が経過しました。

フェアの時に”日本農業実践学園の就農準備校有機農業コース”のパンフレットを頂きましたが、
帰宅後すぐに参加申し込みを行っていますよ!
(今までの人生と全く違う分野への進出なのでウダウダ悩まずとにかく前に進んでいます!)
そして数日後受講票が届きました!

img020.jpg
隔週で3か月とはいえ20年ぶりの学校です、恥ずかしいやらなんやらで緊張しますね(笑)

さて、この時期に何冊か新規就農に関する本を読みましたが、
それぞれ皆さんの進みかた・考え方で読む本は変わって来ます。
ただし私の様に「右も左もわからない全くの農業未経験者」もいるはずです。
(特にこのブログの読者様)

身銭を切って何冊か読んだ中で ”あえて選ぶとすれば の一冊”をご紹介します。

夢で終わらせない農業起業 1000万円稼ぐ人、失敗して借金作る人
タイトルだけだとベンチャー志向に見えますが、
「これさえやれば大丈夫、順番はこうだよ」といった
”よくある甘めの夢だけを増長するようなマニュアル本”とは違って
現実の厳しさもしっかり伝えてくれます。

もちろん知りたいフロー・手順の説明もありますが、むしろ厳しさに重点をおいています、
特に農機具での事故の話のくだりはびっくりしました。
業界の全体像、必要な資金、体験・経験談等、バランスのとれた良書です。
※幾つかの本やWEBを見ると「就農に必要な資金は1000万円とか最低でも500万円とか、
あればあるほどいい!」とか色々書かれています。

この当時私の不安はこれらの額面を見て「お金が足りない!!!」でした。
まだ勉強の段階でしたのでお金をかけずに前に進んでいますが、
ここから数か月かけてこの問題をクリアしていきますので
徐々にこのブログでお話させていただきますね。
_


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA