きのこご飯と癒やし

30年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』はこちら!


ヒラタケの収穫が順調に続いいるうちに「きのこご飯の素」を作りました。

CIMG2787
きのこに付いている小さな虫を塩水で追い出します。
ぬるま湯で洗えば綺麗になりますが、保存食なので少々念入りに。

CIMG2788
食べやすい大きさに切りさっと炒めます。
少々の油できのこご飯の旨味が増します。
そんな気がします。
結局、油なんですよ(笑)

CIMG2791
炒めていると水分が出てきました。
きのこの旨味が凝縮されているだろうから捨てません。
そこへ、醤油、酒、みりん、で味付け。
分量は適当です、お好みで。
グツグツと煮詰めます。
ある程度水分が飛んだら完成。

CIMG2792
冷めたら保存袋などに入れ、平らにして冷凍保存します。
瓶詰めや脱気ができる保存袋だと常温でも保存ができるみたいです。

CIMG2794
早速きのこご飯を炊きました。
きのこが大きすぎました。

CIMG2796
おかずが要らないくらい美味しいきのこご飯が炊けました。

 

 

CIMG2780
黒柴赤ちゃんが大きくなっていました。
おっぱいを飲むのに必死。
数週間でこんなに変わるんですね。
かなりやんちゃになっていました。

CIMG2786
母は大変そうです。

30年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』はこちら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA