「農家のくらし」カテゴリーアーカイブ

できたできた、りんごジャム。

_
お砂糖6割はちょっと甘過ぎたかも。綺麗な色に仕上がったのでよしとする。

今シーズンもご近所のりんご農家さんからお裾分け以上のお裾分けを頂きました、ありがたいです。
毎日2個づつ食べても追いつかないので、煮たりジャムにしたりして楽しんでます。

りんごの街に生まれた娘はりんごが大好きです。
もちろん市田柿も。

送料一律380円キャンペーン中!


大きな月が見え隠れ

_
おはようございます。
カーテンを開けたら大きな月が見え隠れ。
オンボロスマホでは上手く撮れません、が、
今年は毎日何かしらUPできたらなぁと思っています、
このオンボロが壊れない限り(今だにiPhone4使ってます★)
本日から我が家は通常営業いたします。
遅くなりましたが、今年も宜しくお願いいたします。

送料一律380円キャンペーン中!


市田柿、完成に向けて下ろしています。合間に冬野菜を収穫しました。

_
市田柿が干し上がってきました。

今はれんから下ろしてホゾを切り天日に当てて粉だしをしています。


早速ご案内状を発送いたしました、間もなく到着する頃だと思いますので皆様のご注文待ちしております。


朝の霜もだいぶ厳しくなってきました、畑の野菜が凍ってしまう前に一気に収穫をします。主なものは、大根、長ネギ、人参、白菜、ブロッコリー、キャベツです。殆どはフルーツとうもろこしの畝をそのまま使って栽培しました。

定植の手順は過去記事をどうぞ!
『冬野菜はトウモロコシの畝を再利用』

トウモロコシの畝に残った余り肥料を使うのでかなり運任せな部分もありますが、だいたい毎年美味しく大きい野菜が収穫できます。

大根を引っこ抜きます。(100本ぐらい)

抜くだけなら10分で終了です。

長ネギも引っこ抜きます。(トップ写真)
これも抜くだけなら10分で終了です、後ろの山並みがものすごく長野県ぽいですね(笑)

人参があまりにもでかくなって途方にくれます。(100本ぐらい)

食べる分には若干大味ですが問題ないです。

長ネギとニンジンを籾殻のプールに埋めて、畑に謎のオブジェを作ります。

「籾殻に埋めて大丈夫か?!」と思われるでしょうが、
毎年この保存で問題ないです。取り出しが簡単なのでオススメ!

ダイコンだけは土を掛けて保存します。

全部で2時間くらいで終わりました、手慣れたものです。

毎年『こんなに作って食べ切れんだろ!』と思うのですが、
不思議と食べてしまいます。

今年から娘も食べるのでもっと早く無くなりそうです。

送料一律380円キャンペーン中!


春菊ばっかり食べるもうすぐ2歳の娘

_
記録的な長雨ですね、皆さんに販売するお米は十分キープできているのですが、春先くらいから食べる分のお米が田んぼに干されっぱなしになっています。

いつもでも終わらない田んぼ作業にヤキモキしていても仕方がないので最近は市田柿の干し場の準備を進めています。

(お米の出荷ももちろんしています、ご注文お待ちしております)

スケジュール通りに進めば先が見えるので休暇の予定も立てられますが、これだけ天候不順だとどんな展開が待っているかわかりません、先を見越して保険的に仕事を進めるこのパターンって逆に忙しいんです。

さて、昨日はグンと冷え込みましたので自家製野菜をふんだんに使った『鍋』始めました。

白菜と春菊が基本アイテムです、コツさえ掴めば両方共たくさん収穫できます。特に今年の春菊はこの気候に合っていたのかモサモサに繁茂しました。

でも春菊ってみなさん子供の頃たべました?

自分的には子供心に苦手だった野菜5本の指に入るのです、なので今まで色々な野菜を食べてきた娘も「これは流石に食べないだろう」と思って食卓に出していませんでした。

昨日の鍋に初めて入れて最初は白菜だけを選んであげていたのですが、そのうち「春菊をよこせ!」と指差すもので試しにあげました。。。

結局その夜の春菊は半分娘が食べてしまったのです。(ペロリ)

この分だと最後のハードル『セロリ』も食べてしまうのでしょうか?

しかし残念ながら『たはたタカハシ』では標高が足りなくて高原野菜のセロリは作っていないのです。

送料一律380円キャンペーン中!