台風18号の爪あと、“稲架掛け”が倒れました(無事復活)

_
各地で猛威を振るっている台風18号、被害にあわれた方お見舞い申し上げます。

当園の状況ですが、先日稲刈りした稲架掛けがいくつか倒れてしまいました。

すごい力が加わったのですね、ひねるように倒れて竹も数か所折れています。
(奥の稲架掛けは持ちこたえて、手前が倒れました)

放って置くと米が発芽して商品にならなくなるので急いで復旧です!
雨よけのブルーシートを剥がしてから、隣に復旧用の新しい稲架を作り

どんどん掛けなおしていきます。

はい、元通りになりました

文に書くと簡単そうですがしんどい作業でした、回り近所もかなり倒れていたので皆さん復旧で大変です。

きっと苦労が実って美味しいお米になることでしょう!

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA