2016年の天気を振り返る、温暖化とかリアルに影響くらいます。

_
こんにちは『たはたタカハシ』夫です。

雨が降っては止んでが続きますね、今夜の雨が最後でその後しばらく晴れそうなのでようやく来週末頃に脱穀ができそうです。
はざかけ米のご案内状は完成しているのですがもうそろそろ投函できるかな、お楽しみにお待ち下さい。

市田柿の畑はトップ写真の状態です、だいぶ実が色づいて来ました。今年も暖かったので若干収穫が早くなりそう、10/20くらいから収穫・柿剥きが始まりそうな予感です、柿干場の準備がまだなので急がなければ!

さて、お米の出荷が遅れているとおり農業はお天気に左右されます。
今日明日の雨晴で作業内容も変わるし。
昨年比・例年比で収量や品質も変わります。
数年・数十年の温度変化で栽培品種や技術も変わってきます。

少し早いけど今年のたはたタカハシ的に天気を振り返りますと、フルーツとうもろこしは作りやすかったかな、通して程よく雨が降ったし、気温も安定して台風もありませんでした。

お米は田植えから稲刈までは順調でしたが最近は前記の通り苦戦しております。

そして市田柿です、一昨年昨年は11月〜12月と高温多湿状態が続きなかなか乾かず産地全体で大苦戦しました、どうやら今年もそうなりそう。。。

でも大丈夫!たはたタカハシは創業3年目だから☆
昔からの農家さんだと「近年は作りづらくなった!」といわれますが、当園は就農してから毎年なのでこちらがデフォルト、地球温暖化の影響が通常になっています。

でも、こんな感じでこれから平均気温が上がり続けるのでしょうかね。。。
それは困るな、一度くらい作りやすい年を体験してみたいです。
「ストップ、地球温暖化!」

都会暮らしの時は気にも留めていませんでしたが、自然相手の仕事となると環境問題って気になるものですね。
_


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA