久しぶりの投稿は『産院の選び方』

_
お久しぶりです!こんにちは! たはたタカハシ(妻)です。

本日の予定は経理と家計簿の〆予定でしたが
娘っ子、朝から大量のウンチを背負いテンヤワンヤ。
疲れたので頭を使う仕事はやめて、久しぶりにブログでも書こうかなと。
しかし、野良作業も一年くらいお休みしているので書くことが無いのですよ…。
なので、これから私が書く内容は妊娠・出産・育児に関することがメインとなります、
興味の無い方はすっ飛ばしてくださいね。


さてさて〜、本日は産院について書きますね。
これから出産を控えている方へ参考までに。

ひとつ産院といっても、それぞれの特色があるのですよ。
私がお世話になった産院は、完全個室で母子は四六時中一緒。
生まれて直ぐから母子は同じ部屋で過ごし、ミルク、おっぱい、オムツ替え、沐浴(初産婦は二日目から)
出産したその日から赤ちゃんのお世話は全て母が行います。
出産直後の身体には、かなりハードでした。
入院中は野良作業よりしんどかったかも(笑)
でも、それが私には合っていました。
そう感じたのは退院後です。
赤ちゃんとべったり過ごしたお陰で赤ちゃん慣れしていたので、
いざ夫婦ふたりだけの育児生活へポ~ンと投げ出されても
親の手を借りずともやっていけます。
いけてます。

あと、食事の良し悪しも重要です。
食事が美味しいと評判の産院で、三度の食事が何よりの楽しみでした(笑)
慣れない赤ちゃんのお世話で疲れきり、ホッと一息できる食事がとても美味しいのは癒やされますよぉ。
これでフツーの病院食だったら病んでいたかも!?

どうですか、参考になりましたか?
退院後の生活から産院を選ぶのもありかと思います。

今後、このような内容の記事が多くなると思いますので宜しくお願い致します。
_


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA