柿を揉んで干して揉んで揉んでの毎日です

_
里親農家さん宅で研修中の市田柿作りも中~後半戦になってきました。
最近は乾いてきた柿を柿揉み機を使って揉んだり
天日干しや選果を行って最後の出荷までを勉強しています。

ちなみに『柿揉み機』ですが、このような機械です。
269.jpg
「揉む」というくらいですので
上下に押したり引っ張ったりを想像すると思いますが、
ご覧の通り“斜めドラム洗濯機”の様にグルグル回っております。

動画も撮ってきました、ご覧ください!

まんま洗濯機の脱水みたいですね(笑)

揉むというイメージよりは
「遠心力と相互の柿の重みで柿を叩きつける」
と言った方がしっくりきます。

ですが、この揉む工程が非常に重要です、
繰り返すことによって内部の糖が浮き出て
白く美しい市田柿となるのです。

270.jpg
あとしばらくはこれらの作業が続く忙しい日々が続きます。

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA