渋柿のシブをアルコールで抜いたらお酒まみれの大人のデザートが出来ました!

_
二週間ほど前に「平たねなし」を頂きました、
渋柿なのでシブヌキをしなければ美味しくありません。
243.jpg
色々調べたところホワイトリカーで抜くのがお手軽そうです。
(焼酎やブランデーなど度数の高いお酒でも可)

244.jpg
お皿に柿のヘタを浸せる量のホワイトリカーを入れ
柿を一つずつ裏返してヘタの部分をホワイトリカーに浸します。

密閉できるジッパー付きの袋に柿を入れ先ほど使用した
ホワイトリカーも入れてできるだけ空気を抜き封をします。
245.jpg
ヘタの部分を下にして部屋の暖かい所に10日間ほどおいておきましょう。

10日後袋を裏返してみるとこんな感じです。
246.jpg
アルコールが変色して渋が抜けているのがわかりますね!
柔らかいものから渋抜き加減を見ながら食べていきましょう。

247.jpg
シブもしっかり抜けお酒がどっぷり効いてておいしーーー!!!
ウイスキーボンボンが苦手な人や運転前にはおススメできませんが
夕食後のデザートに最適です!

沢山出来たのでアレンジメニューも作ってみました!
248.jpg
『平たねなし アルコール漬け 生クリーム添え』

あまーーい!幸せ☆
皆様もお試しあれ!

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


  1. あぁ?うまそう!!!!!
    これ頂きます!来年やってみよぉ?(^^)v
    それにしても…ネーミングが「そのまんまやん!」って突っ込んでもいいですかぁ?(笑)
    でもその名前キライじゃないです?

  2. nikotoma 様
    ぜひぜひ!お試しください☆
    今我が家に次郎柿(甘柿)も沢山あるのでこっちも試してみますね~
    ではこちらは名前をちょっとひねって
    『次郎柿クリーム』としましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA