干し柿用柿むき機の展示会に行ってきました!

_
就農時に秋冬の経営品目として市田柿を入れている私たち。
現在里親さんの元で干し柿加工の修行中の毎日ですが
将来的に必ず必要になるのが『柿剥き機』
いくつかのメーカーから色々な機材が販売されていますが、
先日市内で一斉展示会があったので参加してきました。
どれも結構なお値段がするので必死の見学です!
242.jpg
今回は動画で剥いているところをご紹介します☆

ミツワ 両タン

上下で柿をおさえて回すシンプルタイプです
一つ一つ柿をセットしてから毎回ボタンを押す手間がいりますが
お値段はリーズナブル! 798,000円

ミツワ おー次郎

こちらは柿を置いていくだけの全自動タイプとなります
回転盤の進行で消毒や皮むきが行われます、お値段少し上がって
1,365,000円

ミツワ Qちゃん
動画を撮り逃してしまいましたが『おー次郎』の上位機種で
更なるスピードアップバージョンです。お値段ぐっと上がって
1,759,000円

ここまでは『ミツワ』の製品でしたが続きまして『アストラ』のブースです。

アストラ HIT-1400

全自動タイプです、メーカーが違うだけで機構や処理がかなり変わってきますね。
こちらのお値段は 1,198,000円

アストラ FAP-2000

HIT-1400の上位機種です処理能力・スピードも今回ご紹介した中でもトップクラス!
お値段なんと 1,798,000円

いかがでしたか、ため息がつくほどの高性能とお値段でしたね。
来年・再来年には自分たちも購入しなければいけません
お値段、処理能力的にも最初にご紹介した『両タン』かなぁと考えておりますが
それでも80万円は高額なので今回紹介した以外の機械も検討しています。
しかし業務用機械ってお高いですね~
_


  1. nikotoma 様
    お値段がお高くなると、メンテ面も処理速度もグッとアップしますが
    もうちっと安くなるといいのですがね~
    中古でいいのがないか探している毎日でございます~

  2. 絶対にアストラ。性能、アフターともにイイですよ。
    ミツワは基本設計が駄目

  3. コメントありがとうございます。
    この後色々な展示会に参加しましたが
    やはり性能的にはアストラが一枚上手なようですね。
    ですがメーカーの人も日々行っていますが歩留まりに関しては
    ミツワの両端保持式のほうがいいようです、
    いずれにせよ高い買い物なので熟考してみます
    アドバイスありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA