市田柿は摘蕾・摘花の真っ最中!そして飯田線神秘の駅めぐり

_
こんにちは。

最近は市田柿の摘蕾・摘花作業のまっさかりです。
摘蕾
摘蕾・摘花とは小さかったり調子の悪い蕾や花の数をわざと減らして
大きくおいしい柿を収穫するために大事な作業です。

そして家庭菜園の方も順調にトマトやカボチャに早くも小さい実が付き始めて
畑の様相がますます華やかになってきました!

さて、久しぶりのドライブ日記です。
今回は飯田市から南に隣の『泰阜村』方面に行ってきました!
ここら片はひたすら山道、ヘアピンカーブの連続で
時折片側一車線の狭い道路が続きます。
写真はJR飯田線の線路です。
画像 307
画像 308

そしてここはその中の駅の一つ『門島駅』です。
画像 310

駅のすぐ近くには天竜川の激流を利用した水力発電用のダムがあります
画像 311
迫力の泰阜発電所!!!

この門島駅は車で行くことができますが
駅の周りに何もありませんし、周辺のいくつかの駅には
車で行けないところもあるのです!
(興味のある方は“田本駅”や“小和田駅”を調べてみてください)

え?!「肝心な電車の写真がないじゃないか!」ですか。。。
スンマセン、撮れませんでした <m(__)m>
なんせ一時間に一本しかこないのですから。。。
(上下線それぞれの本数だと二時間に一本で~す)

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA