機械でできることは機械でやるのだ!(トラクター、管理機、刈払機、モアー)

_
こんにちは!

なんかここ数日はいきなり豪雨が降ったりと不安定な天気が続きますね、
ここ飯田でも昨日の農作業中に雷とともに雹が降ってきてびっくりしました!

そして先ほど我が家の軒先にツバメが巣を作ろうかとやってきましたが、
どうやら私たちが騒がしかったようでどこかに行ってしまいました。
今は名前の知らないたくさんの野鳥とカッコウの鳴き声を聞きながら
ブログを書いています。

さて、ここ数日の農作業を写真日記でお送りしまーす☆
今回は農作業で活躍する機械特集です!
★★ おなじみトラクター ★★
01トラクタ耕起
これは耕起といって冬の間お休みしていた畑を春に掘り起こす作業です。
ご覧の通りこの日は晴天、超気持ちイイ!

★★ 管理機 ★★
02コーン土寄せ
耕すという意味ではトラクターとクワの間に位置する機械
写真はスイートコーン畑の通路を除草するため土を粉砕しています。

★★ 同じく管理機 ★★
03ジャガイモ土寄せ
上の写真と同じ物ですがジャガイモに土を寄せている(もっている)ところです、
ご覧の通り管理機はケースバイケースで色々な働きをする必須アイテムです!

★★ モアー ★★
04モアー
草刈り機です、写真は手で押すタイプのもの、
乗用タイプもありますが知らない人が見たらゴーカートと区別がつかないと思います(笑)

★★ 刈払機 ★★
05刈払機
よく見る円盤カッターが回って草を刈るアレです!
モアーで刈れない斜面や細かいところで大活躍します☆

さて、ここまで紹介したすべての機械たち
農業経営にはすべて必須なのですがこれらは全て師匠の持ち物です。
自分たちが就農するまでにはすべて自腹で揃えなければなりません、
がんばるぞー!
(節約を。。。)

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


  1. トラクタに管理機….農業機械は高価ですよね。
    ヘタに新品なんか買ったら…トラクタなんて1馬力当り10万円って言いますもんね。
    そして、昨今の農業ブームで中古品の高くなった事。品質の低下も著しいです。ネットで良質な中古農機が手に入れられたのは3?4年前までですね。
    農機は相対で譲ってもらうのが一番ですね。
    仕様も色々ありますので、良く知った人に相談するのも大切ですね。
    ちなみに私たちは結構追い剥ぎと化しています。(笑)
    悪い噂が立たない程度に、トラクタが欲しい!感を醸し出して許されるのが、新規就農者の強みです。お金無い感も一緒に醸し出すとより完璧です(笑)あっこれは私たちだけですけどね。

  2. 越後屋 様
    いつもコメントあいがとうございます☆
    先日里親さんと中古農機具を見に行きましたが
    やはり高いですね~。。。指をくわえてみておりました。
    色々な助成制度を利用しても新品に限定されそうですし
    そういえば軽トラも将来的に必須アイテムですよねー
    農地、家、設備、お金などの物理的な悩みは尽きませんが
    農作業自体は楽しいのでそれで乗り切っております!
    ま、我々の場合は”お金がない感”ってゆうか
    既に”お金がない!”そのものオーラを出しておりますが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA