≪Part 2≫旅行を兼ねて長野県の上伊那や諏訪湖周辺にいってきました!

30年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』はこちら!


2011年8月30日の出来事 ◇活動開始から3ヶ月と15日目◇
(2012年1月30日執筆)

”先日の日記”の続きです。茅野のホテルに一泊した私たち、
二日目は諏訪・茅野・原村・富士見町方面を訪問しました。

まずは諏訪大社です
寺

7年に一度の”御柱祭”があまりにも有名なこの神社、
写真には映っていませんがこの本殿を取り囲むように四隅に立派な柱が立っています。
TVでしか見たことがありませんがあの勇猛果敢な祭りの終着点ですね!

続いてその諏訪大社から徒歩で行ける超シュールな石仏
万治の石仏
地蔵

岡本太郎が大絶賛して有名になった石仏ですが、
過去には「首が伸びる!」といった逸話でも有名になっています。
(本当に伸びていたんですって!現在は修復されて伸びないそうです)

≪石仏の前の看板にお参り言葉が書いてあります≫
一、正面で一礼し、手を合わせて
「よろずおさまりますように」
と心で念じる。
二、石仏の周りを願い事を心で唱えながら時計回りに三周する。
三、正面に戻り
「よろずおさめました」
と唱えて一礼する。

当然私たちも3周しましたよ☆

続いて富士見町から入山できる”入笠山”です
ふもと
入山口
頂上は1955mですが、ほとんどは車で登れてしまうので
実際の登山は30分ほどです!(登山というよりはハイキングですね)

こちらが頂上です
山頂
お手軽に360度の大パノラマが楽しめます☆

こちらは入笠湿原です
湿原

ここは一時間ほどで湿原全体を一周できます、入り口付近は白樺の木、
奥に進めば苔むした石や木、そして小川のせせらぎが楽しめます。
真夏なのに涼しくて心地よいです、マイナスイオンをたっぷり浴びました!

こうして2日間のプチ旅行を楽しんだ私たちは
より一層長野県への就農の決意を固めたのでした。

30年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』はこちら!


  1. やっぱり現地視察って大事そうですねー。
    自分の場合は田舎に移り住むとしたら、きっと農業法人に就職だと思うので、インターンシップとかがいいのかなーって思ってます。
    >こうして2日間のプチ旅行を楽しんだ私たちは
    >より一層長野県への就農の決意を固めたのでした。
    この気持わかります笑
    やっぱり現地を見るって気分とかヤル気が盛り上がりますよね!

  2. 石川太郎 様
    色々な現場の視察や体験はやればやるほどお勧めしますよ。
    たとえば賃貸アパート借りるとき、内見を1件しかしないでそこに決めて
    あとから公開するのと、何件も見て回って決めるのとは全然違いますよねー
    そんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA