雨が少ないのも困りものです…

_
今年の飯田は本当に雨が少ない!
トウモロコシもそうですが、市田柿も心配になってきました。
恵まれたことに、トウモロコシ畑には農業用の水(ダムの水)が蛇口をひねれば出てくるので昨日から畑を潤しています。

問題は市田柿の樹。
水が出る施設が近場にないので潤してあげることができません。
もし潅水するにしても一本あたり何百リットルもの水を与えなければ意味がなく
軽トラに積める水はせいぜい500リットルくらい。
トウモロコシ畑から水を汲んで谷を下って天竜川をはさんだ反対側の市田柿の畑へ何十往復するのは相当な時間と労力が…。
それでもやる価値はあるのか…。

と悩んでる時間も無いので、目の前の仕事にとりかかることに。
今は摘果と新梢(生育が旺盛な新しい枝)管理をしています。
本当はもっと早い時期に摘果をしなければなかったけど、
新米農家は色々問題にぶち当たりながらの仕事で
後手後手が多い…。
先々を見越した仕事をしなければ!

で、摘果をする前に樹全体の様子をおうかがい。
生理落果が始まっていました。
着きすぎた実を樹が自ら落としてしまいます。
「じゃあ、はじめから丁度いい量の実をつけろよ!」
と言いたいですが樹は耳が無いので
言ってあげられなくて残念です!

夜中の雨がまだ葉に残っているのでブルブルと振り落とします。
CIMG3920

これで多少実は落ちるけどそれでも多い!
それより新梢が邪魔で仕事にならない!
ので新梢整理からはじめました。
日陰が増えることによって生育にも問題がでるので
摘果と同じくらい大切な仕事です。

わっさ〜となっているこの樹
CIMG3924

バサバサーっと新梢を落として
CIMG3927

あー、さっぱり
CIMG3925

これが適当にできる仕事なら簡単なんですが、
来年の枝ぶりも考えながらなので、時間が思った以上にかかる!

ま、地道にこなしていきます。
↑色々グダグダひと通り言ったのでひらきなおり


フルーツとうもろこし案内状

フルーツとうもろこしの予約注文が開始しました。
ご予約いただいた方々、ありがとうございます!

皆さん、特設ページはご覧になりましたか?
“ あま〜い!フルーツとうもろこし予約受け付け中!”
この機会にぜひご賞味ください。

本日、私(妻)は事務仕事のため常時自宅におります。
HP、メール、FAX、facebook、すぐに対応できますので
ご注文お待ちしておりまーす。

※ お詫び ※
案内状の送料一覧に【北陸三県】の記載もれがありました。
関東甲信越と同じクール便込み¥980で承っております。

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA