“たはたタカハシのフルーツとうもろこし”予約販売が始まりました!

_
お待たせしました!

先日こちらで住所を知っている皆さんに開業のご挨拶と今年の“フルーツとうもろこし”のご案内を送らせていただきました。あわせて このHPでも特設ページを開設し 注文を開始したのでブログ読者の皆様もこれを期に是非ご注文・ご賞味下さい。

もちろん案内状を送らせて頂いた皆様もWEBショップから注文可能です。たはたタカハシ の知り合いの方であればお支払い方法も代引き以外に応じますので、WEBショップの備考欄にその旨をご記載下さい。

今まで2年にわたって数量限定でお分けしていたとうもろこしですが、今年は どーーーーーん と!8000本 の出荷を予定しています。

魂と真心のこもった“たはたタカハシのフルーツとうもろこし”をよろしくお願いいたします。

※ 紙の案内状を送った後に気がついたのですが、送料一覧に北陸三県を入れておりませんでした、関東甲信越と同じクール便込み¥980の送料でうけたまわっておりますのでよろしくお願いします。


 

さて、肝心のフルーツとうもろこしですが順調に育っています!
出荷までの約1ヶ月、最終的な圃場管理の毎日です。

今回はそんな“たはたタカハシのフルーツとうもろこし”のヒミツを1つ教えちゃいます。

除草剤を使用しない栽培方法なので放って置くと通路は雑草だらけになります。
そこで、雑草に競合(打ち勝つ)種をあえて撒くことにより、よりトウモロコシにやさしい環境を作っているのです。(具体的には専用のムギを蒔いています。)

先日はそのムギを一定の長さに刈り取る作業をしました。

【 Before 】
CIMG3906

トウモロコシの隣にある緑色に茂ったところがムギです。これを刈払機で刈り取ります!

IMG_3539IMG_3555IMG_3548


【 After 】

CIMG3907

刈り取りました!スッキリですね。雑草対策にもなり、風通しもよくなりいいコトづくしです。

除草剤に頼らない分、このような人力作業も多いフルーツとうもろこし栽培ですが、それらの甲斐あってとっても美味しくなっていますので是非皆様のご注文をお待ちしております。

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA