8俵の新米コシヒカリを収穫

_
稲架掛けが強風で倒れ掛け直してホッとしてたのも束の間、
脱穀です。
やっと新米が食べれます。

先ずはお米の水分を水分計で測ります。
そんな高価なモノは我が家にはありません。
もちろん区長さんにお借りしました。
区長さんは何でも持っています。
ドラえもんのようです。

CIMG2495
ハンディもみすり器に籾を入れてグルグル。

CIMG2499
お米を試料皿に入れ計測。

日当たりがあまり良くない2箇所を計測しました。
1回目
CIMG2500

2回目
CIMG2501

計6回測った平均が14.4% 脱穀するのに最適な水分です。
CIMG2502

では、脱穀開始!
ハーベスターにどんどん稲を入れていきます。
CIMG2504
袋にお米が入っていきます(まだ白米ではありませんよ、籾のままで保管します)

脇にポロっと落ちてくる藁を束にしていきます。
これが一番シンドイ作業なんです。
CIMG2505CIMG2506CIMG2512CIMG2513CIMG2514CIMG2517CIMG2518CIMG2519
ふーん。
まずまずですな。
藁縛りは私の方が上手です。

2時間ほどで脱穀完了
CIMG2523

縛った藁は柿畑の肥料にするので、ブルーシートをかけて保管。
残りの藁は田んぼの肥料にします。
CIMG2526

で、これが、たはたタカハシ初年度の新米でーす!
CIMG2522

困難が多々ありましたが、無事収穫できて安心しました。
昨日はさっそく新米をいただきました。
自分たちの手で作ったお米なのでかなり贔屓目ですが、うまい。
これぞ新米!ですね。
脱穀したての新米を食べたのも初めてで感動。
農家の醍醐味を味わいました。

南信州特産『市田柿』ご予約はこちら!


29年度 新米『昔ながらの天日干しはざかけ米コシヒカリ』
はこちら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA